書籍

本の処分方法は?捨て方からおすすめ買取業者まで詳しく解説!

お手持ちにある不要な本をどう処分して良いか迷っていませんか?ずっと自宅に置いたままだと場所も取ってしまい困ってしまうでしょう。ここでは、不要な本の処分方法をご紹介するとともに、正しい捨て方や賢く処分していくための買取業者の利用について詳しくご紹介します。おすすめの買取業者の特徴や高額査定になるコツまで解説していくので、本の処分に困っている方はぜひチェックしてみてください!

本は燃えるゴミなの?

本の処分を行いたいと思っても、それは普段の燃えるゴミとして捨てても良いか迷う方も少なくありません。本は基本、資源ゴミとして処分することになります。もしも燃えるゴミで捨てようとしても、回収方法が異なることから処分できず、指定のゴミ捨て場に残ったままとなる可能性があります。

資源ゴミとして回収された本は、その後、リサイクルされることになるため、適切に処分していくことが大切です。お住まいの地域によって、回収日時や捨てる場所を指定されているため、各自治体のルールに沿って正しく処分を行っていきましょう。

本の正しい捨て方

それではここからは、本を正しく処分していくための捨て方について詳しくみていきます。本は様々な方法で処分していくことができます。以下の6つの方法で実践してみてください。それではひとつずつ確認していきましょう。

本の捨て方①資源ゴミとして出す

破れや色褪せなど、経年劣化による本は、施設等への寄付を検討していても、買取業者へ買取を依頼しても、なかなか貰い手も買い手も引き取りに困難を来す可能性があります。その場合は通常の資源ゴミとして処分を行うようにしましょう。

資源ゴミとして処分するには、雑誌や新聞、カバーなど、それぞれを紐で縛り、指定された日時と場所に捨てておけば、回収業者が回って引き取ってくれます。最も手軽に処分していくことができる方法のため、寄付やリサイクルも難しいような本は、資源ゴミとして処分を行っていきましょう。

本の捨て方②古紙回収センターを利用する

不要な本は、先述の通り、資源ゴミとして処分するのが最も手軽な方法です。しかし、その日時に合わせて処分することがどうしても困難である方もいるかもしれません。その場合でも、古紙回収センターへ処分したい雑誌や本をまとめて持ち込み、処分を行っていくことができます。

無人で引き取ってくれるセンターのため、車で乗り入れてたくさんの本を処分することができます。古紙回収センターによっては、利用することでポイント付与の対象となり、様々な場面でポイント利用を行うことができるなど、利用する古紙回収センターのシステムを確認してみてください。

本の捨て方③寄付する

まだまだ利用可能な本は、施設によっては引き取りたいと思うところもあります。そのため、利用可能な状態の本であれば、施設等への引き取りを検討してみてください。

特に児童施設などは絵本や児童書などを、病院などへは一般本を寄付するという形で行ってみましょう。どのジャンルの本を必要としているか問い合わせてみても良いでしょう。このように、施設等への寄付を行うことをおすすめします。

本の捨て方④フリマやオークションに出品する

近年、私たちの生活の中に浸透しているネットは、どんなものでもとても便利に、そして気軽に手に入れることができるようになっています。そのため、不要になった物を簡単に処分し、お金に換えていくことができます。その際に利用したいのがフリマやネットオークションです。

プレミアのついた本やまとめ売りを行うことで、意外にも高値で落札されることもあるなど、思いの他、高額売却を狙うことができます。そのため、処分したい本が現状のフリマやオークションで出品されているようであれば、ぜひそれらのサイトに出品して売却を行っていきましょう。

本の捨て方⑤不用品回収業者に頼む

本の処分と言えど、その量も何十冊とたくさんある場合、処分する際に資源ゴミのゴミ置き場へ運ぶことも大変です。そのような時は、不用品回収業者へ問い合わせを行い、自宅まで回収に来てもらいましょう。

自分で運び出す必要がない分、とても楽に処分することができます。お金に換える方法ではありませんが、不用品となった本を一気に片付けることができる最善の方法です。ぜひ利用してみてください。

本の捨て方⑥処分せずに買取業者に売る

もう使用しない、読まないという本は、長く置いていても劣化するだけではなく、家の中で場所もとってしまうので、できれば早く処分したいと思う方が多いでしょう。しかし、ゴミとしての処分に躊躇してしまう方は、古本を買取してくれる買取業者を利用するのがおすすめです。

最近では宅配買取に対応する業者だけではなく、自宅まで出張買取のために訪問してくれる業者もあります。さらに、メールやLINEで査定してもらえることもあるので、より楽に処分を行うことができます。このように、買取業者を利用して本の処分を行っていくことをおすすめします。

本買取業者のおすすめ5選

この後は、不要になった本や、処分したいと思っている本を快く買い取ってくれるおすすめの買取業者を厳選し、5店舗ご紹介します。各店舗ではどのようなサービスを提供しているか、また、どのような買取を行っているかそれぞれ詳しくみていきます。

本買取業者①バリューブックス

「バリューブックス」は、ISBNナンバーがついた本の買取を行う業者です。そのため、古くて買取が難しいと思っている本でも、ナンバー付きなら問題なく買取を行ってもらえます。

また、査定の際はお試し査定機能を利用することで事前に売りたい本の価格をリサーチすることができます。買取対象とする本は、漫画から専門書籍、楽譜や児童書、参考書など、様々なジャンルを対象としています。自宅にある不要な本は「バリューブックス」で買取してもらいましょう。

本買取業者②ブックサプライ

高額査定を狙いたい場合は「ブックサプライ」の利用がおすすめです。この時、売りたい本を購入した時のレシートや領収書があれば、それを提示することで、購入価格から50%の金額で買取を行ってくれます。これほど高額査定な買取業者は他にはありません。

そのため、本の売却を行うことを前提に新書の購入を行う際は、レシートや領収書はファイル等に保管しておき、売却時に「ブックサプライ」へ持参することをおすすめします。

本買取業者③ブックオフ

「ブックオフ」は、日本全国各地でチェーン展開している大手の買取業者です。本をはじめ、CDやDVD、おもちゃやゲーム、フィギュアなどあらゆるジャンルのアイテムを買取しています。買取の際は、本だけではなくあらゆるものをセットにして売却すると良いでしょう。

また、宅配買取にも対応しているため、時間がなく都合がつかない方も、自分の予定に合わせて利用することができるなどとても便利に活用することができます。ぜひ、本の売却に困っているという方は「ブックオフ」を利用してみてください。

本買取業者④古書大黒屋

学術や専門書を主に買取を行う「古書大黒屋」は、オンライン上でスピーディーな査定を行うおすすめの買取業者です。査定の際は、処分したい本を段ボールに詰め、送料無料の宅配買取に対応しています。

ISBN番号のついた本の買取を行うため、お手元にある本を確認の上、買取査定を依頼してみてください。高額買取を狙いたいという方はぜひ「古書大黒屋」の利用をおすすめします。

本買取業者⑤BUY王

「BUY王」は、何冊もまとめて本を売ることでとてもお得に買取してもらえるおすすめの買取業者です。その上、どのような本でも買取対象としていることから、引越し時や片付けの際の断捨離にぜひ利用をおすすめします。

また、キャンペーン開催時はよりお得に利用することができるため、まとめ売りを検討されている方は利用してみてください。

本を高く売るコツ

本は捨てるだけではなく、リサイクルして寄付することもできる他、買取業者を利用した処分方法があることが分かりました。

では実際に買取業者を利用して本を売ろうと思った際、売却時にどのようなことを実践しておけば、高額査定を狙うことができるのか、そのコツを以下に3点ご紹介します。これから本の処分を行っていくという方は、ぜひ以下の方法を実践してみてください。

コツ①きれいな状態にする

買取業者を利用してあらゆる物を処分する中でも、本ももちろん、状態良く、きれいなものほど高額査定で買い取ってもらえます。

そのため、汚れをきれいに拭き取っておく、劣化している部分の修復が可能であれば行う、帯やしおりなど、付属品はそのままの状態で査定依頼を行うなど、きれいな状態にしておきましょう。そうすることで思わぬ金額で査定してもらえる可能性が高くなります。

コツ②買取相場を調べておく

実際に自分が買取依頼を行おうと思っている本について、どれほどの買取価格で対応してもらえるか、買取相場をリサーチしておきましょう。

そうすれば、実際に査定に持ち込んだ時も、自分が調べた相場価格に近く合致していればそのまま売却し、お金に換えていくと良いです。ある程度の相場価格を知った上で査定依頼を行うことをおすすめします。

コツ③ISBNコードの有無を確認

ISBNコードは、国籍や出版社、本のタイトルを確認することができるコードです。このコードがついている本であれば買取対応となる他、状態の良い本であれば高額で査定してもらえる可能性があります。

もしも高度がない場合は買取対応とならず、無料引取になるでしょう。そのため、買取を希望している場合はISBNコードの付いた本の査定依頼を行うようにしましょう。

本は捨てずに買取業者に売ろう

要らなくなった本や、ボロボロになった本、経年劣化でリサイクルも難しいような本まで、様々な本を処分したい時の処分方法について詳しくご紹介しました。

自分のお手持ちにある本をどう処分すれば良いか迷った時は、ぜひこの記事を参考に、本の処分方法を選択してみてください。そして買取を依頼するならお得に利用することができる買取業者へ売却し、お金に換えていきましょう。